定例会

セカンドライフ研究会は、隔月で定例会を開催しています。

開催日: 奇数月、月末の日曜日 午後(不定期)
開催場所:さいたま市内
参加者: 50~70代の方。会社員から自営業まで職種は様々ですが、皆さん現役でお仕事を
続けています。

定例会では、セカンドライフに関わる、情報交換や意見交換、関連セミナーの出席報告を行うと
共に、
次のような取り組みを行っています。

1.特別講演 外部からさまざまな講師をお招きして、お話を伺います。
これまで講演いただいた方の例は、特別講演の項を参照してください。

2.夢のセカンドライフを語る
参加者に、ご自分の理想とする「夢のセカンドライフ」を語っていただきます。
越し方を振り返りつつ、自身の第2ステージをじっくりと考える良い機会となっています。

3.宝地図の作成
宝地図は、望月敏孝氏(㈲ヴォルテックス)が創始したもので、潜在意識に直接働きかけて、
夢を実現する手法です。自分の夢を明確な「イメージ(ビジョン)」にして描きます。

4.価値観ババ抜きゲーム
カードを使った『自分発見ゲーム』です。
開発者は、経営コンサルタントの山口雅史さん。
ババ抜きの要領で、価値観を表す言葉が書かれたカードのやり取りを行います。
最後に残ったカードの言葉から、自身が大切にしている価値観を知ることができます。

5.古本あみだくじ大会
代表が収集したセカンドライフに関わりのある本(古本)を、あみだくじでお配りします。

これからも、「哲学対話」、「セカンドライフの装い講座」など、セカンドライフを自立的に
心豊かに過ごしていくための
手助けとなる試みを行っていきたいと思います。