「ヒトはなぜ文明を築けるのか?」長谷川眞理子氏講演会 聴講報告

2019年4月25日丸善の創立150周年記念講演会を聴講しました。(日比谷図書文化会館)

テーマ:「ヒトはなぜ文明を築けるのか? ~ 人の進化史とその未来 ~」
講師: 長谷川眞理子 (総合大学院大学学長) 

今年の冬、スウェーデンの15歳の少女、グレタ・トゥーンベリさんが、地球温暖化に対応しない大人たちに
対する抗議活動として、登校拒否の座り込みを続け、世界に広がったニュースをご存知の方もいると思います。

http://rief-jp.org/ct8/87084

ヒトはなぜ、地球環境を変えるに至るまでの文明を築いてしまったのか?
ヒトの進化から、この謎を解き明かそうとするお話です。

遺伝子はほぼ同じと言われるヒトと類人猿の、根源的能力の違いは
 ・社会的知能が高い  ・・・ 他者の感情を読む、他者の意見を理解する
 ・他社の心のプロセスに注目できる。 心が働いているOSを共有している。

行動生態学での「文化」の定義は、遺伝情報以外で、動物の集団内に世代を越えて情報が伝えられていくこと。
 ・目的を共有して共同作業を行い、知識を子孫に残す。 「共同幻想」

一方、動物は自然環境に働きかけ、自然環境を変化させ、新たな環境を構築する。(ニッチェ構築)
次世代は、構築された新たな環境を前提として生きる。(環境に制約を受ける、他の環境では生きられない)

ヒトの文明は、壮大なる「ニッチェ構築」
現代人のニッチェは、「貨幣経済と職業と教育」
 ・教育を受けて職業についてお金を稼がないと生きていけない社会 (経済発展が前提の社会)
 ・市場経済は、止めたい、いらないと言っても、やめられない。
   既に、ヒトが文明のために使うエネルギーは、太陽から受け取るエネルギーを上回った。

もはや、地球上の生物として、ヒトは分不相応な存在と言える。この状態は長続きできるものではない。

私達は、どうやってグレタ・トゥーンベリに答えたらよいのだろうか ・・・ ??

関連記事

  1. 「身体多様性の時代」 伊藤亜紗氏 講演会聴講報告

  2. 考えるとは、頭を使うのではなく「意識」を使うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿カテゴリー

最近の記事

  1. 定例会